エスさんの気ままなジカン

みんなの生活向上計画

ソニーのヘッドホンを使って360 Reality Audioを体験してみました

こんにちは!エスです。

 

最近、立体音響や空間オーディオ、3Dオーディオなど普段とは違う音楽の聴き方が流行り出しています。

 

ソニーからは360 Reality Audioのサービスを展開しています。

 

「360 Reality Audioって何なの?」

 

360 Reality Audioを調べてみると、

『全方位から音が降りそそぐ体験』

をヘッドホンや専用スピーカーを利用して体験できるそうです。

 

f:id:jikanwodaijini:20210602093715j:plain

WH-1000XM4を使って360 Reality Audioを再生してみます

Artist Connectionアプリ(ソニーのデモがあるアプリ)の評価を見ると、360 Reality Audioの評価は高い傾向にありました。

 

そんなにスゴイのかと興味が湧き、実際に体験してみることにしました。

今回は、iPhone 12 Proとソニー製ヘッドホンWH-1000XM4を使って体験してみます。

 

また、ほかのヘッドホンやイヤホンとの比較を行いました。

 

ソニーはヘッドホン以外に360 Reality Audio対応スピーカーを販売しています。

こちらは手持ちがありませんので、申し訳ありませんがレビューできませんでした。

 

 

360 Reality Audioは頭のまわりがステージになる

早速聴いてみた感想になります。

手にとるように音の場所が感じられる

でした。

 

楽しく面白いです。

 

頭の中でグルグルと音が移動しました。

奥行きを感じやすく、立体的な音の弾け方が印象的でした。

 

360 Reality Audioの良かったところは

  • 立体感を大きく感じること
  • 新しい音楽体験ができること
  • 映像との相性が良さそうなこと

があるのかなと思いました。

 

「あ、試してみたいな」と思ったら簡単に体験できます。

新体験になりますね。

 

360 Reality Audioを聴くための方法を紹介していきますのでご参照ください。

 

360 Reality Audioを聴くための機器とアプリ

必要な機器が2つとアプリのみです。

お手持ちのヘッドホンやイヤホンとスマートフォンがあれば再生できます。

 

360 Reality Audioを聴くために用意するモノ3個

  1. ヘッドホン・イヤホン
  2. スマートフォンまたはウォークマンA100 / ZX500シリーズ
  3. 対応アプリ

 

360 Reality Audio対応アプリは現在3個(ヘッドホンで体験する場合)あります。

  • 360 by Deezer
  • Artist Connection
  • nugs.net

 

ウォークマンを利用されたい方は、Android搭載のA100 / ZX500シリーズのみになります。(後継機も対応する可能性はあります)

ヘッドホンやイヤホンに縛りはなくどれでも大丈夫です。

また、ソニー360 Reality Audio認定ヘッドホンを設けいています。

 

認定ヘッドホンとは、

『音質評価をクリアし、360 Reality Audioアプリの最適化に対応している機種』になります。

 

一覧にしてみました。

 

ソニー認定イヤホン・ヘッドホン一覧(2021年5月現在)

ワイヤレスイヤホン

WF-1000XM3 / WF-H800 / WF-SP800N / WI-1000XM2 / WI-1000X / SBH90C

 

ワイヤレスヘッドホン

WH-1000XM4 / WH-H910N  / WH-XB900N / WH-H810 / WH-XB700

 

有線イヤホン

IER-Z1R / IER-M9 / IER-M7 / XBA-Z5 / XBA-N3 / XBA-N1 / STH50C(ステレオヘッドセット)

 

有線ヘッドホン

MDR-Z1R / MDR-Z7M2 / MDR-1AM2 / MDR-H600A

 

CHECK!

<他のメーカーの対応は>

オーディオテクニカやラディウスのヘッドホンが、

2021年秋モデルのヘッドホンから対応する予定です。

 

設定やアプリのインストール・最適化方法

f:id:jikanwodaijini:20210603015608j:plain

耳の形を測定します

ソニー製のヘッドホン(一部)では360 Reality Audioをより楽しむために最適化を行うことができます。

 

CHECK!

<対応ヘッドホンには最適化>

認定ヘッドホンやイヤホンを使用するときは、

最適化を行うことでよりリアルに360 Reality Audioを体験することができます。

 

スマートフォンまたはウォークマンA100/ZX500シリーズに、Headphones Connectアプリのインストールする必要があります。

 

事前にワイヤレスヘッドホン・イヤホンのペアリングをしていると、スムーズに設定を行うことができますよ。

 

ソニーノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4の紹介をしています。

ヘッドホンの使い方からHeadphones Connectアプリの設定の説明をしています。

こちらもどうぞ。

www.es-times.com

 

スマートフォンソニー純正アプリ『Headphones Connect』をインストールします。

Headphones Connectアプリから360 Reality Audioの設定を行います。

 

f:id:jikanwodaijini:20210603004657j:plain

360 Reality Audio設定項目があります

360 Reality Audioの設定には耳の撮影が必要になります。

ウォークマンにはカメラがないので、スマートフォンと連携して耳の撮影をします。

 

音声指示に従って左右の耳の撮影を行います。

正面から横を向くと自動で耳の撮影をしますのでカンタンです。

 

耳の形の測定が完了すると次は再生アプリの最適化を行います。 

 

f:id:jikanwodaijini:20210603093002j:plain

アプリの選択をうながされる

再生アプリを選択し、最適化を行います。

 

  • 360 by Deezer
  • Artist Connection
  • nugs.net

 

上記アプリのどれかをインストールし、アプリを起動すると最適化が行われます。

 

Artist Connectionアプリでは、ソニーからザラ・ラーソンの360 Reality Audioが用意されています。

無料で映像付きの1曲を聴くことができますので、とりあえず体験してみたい方はこちらをインストールしてみてください。

 

Artist Connectionアプリを利用するには登録が必要になります。

GoogleFacebookAppleのIDを使ってもログインができます。

私はGoogleでログインしています。

 

再生すると360 Reality Audioの体験が始まります!

 

360 Reality Audioを体験してみました

体験はArtist Connectionアプリを利用しました。

 

ヘッドホンを装着してArtist Connectionアプリを起動する。

ザラ・ラーソンの360 Reality Audioをタップすると、360 Reality Audioの体験ができます。

 

特別なことはなく、いつも通り音楽を聴くことと同じです。

 

360 Reality Audioは臨場感を感じやすく制作されています。

全方位から音が飛び交います。

 

スマートフォンの映像を目で追うと分かりやすいのですが、

カメラが演奏の右から前へと移動すると、右から演奏が聞こえそのまま後ろへと演奏の移動が分かります。

 

後ろの音も後ろで鳴っているので不思議な感じになりました。

 

当たり前のことを言っていますが、、、

これは体験してみないとわからないです。

ぜひ体験をしてみてくださいね。

 

WH-1000XM4とFocal Radianceを聴き比べてみました

f:id:jikanwodaijini:20210602093910j:plain

有線ヘッドホンとの比較

価格帯と無線・有線の違いがありますが聴き比べてみました。

 

Focal Radianceの方が臨場感はあります。

解像感の差が大きいことで臨場感の差として出ています。

空間の広さはそれほど差があるようには思いません。

 

Focal Radianceは解像度の高さで臨場感があり、360 Reality Audioとしての体験はとても楽しく感じました。

 

 ボーカルを魅力的に奏でてくれるヘッドホンです。

よろしければ参照ください。

www.es-times.com

 

WH-1000XM4とMaster&Dynamic MW08を聴き比べてみました

f:id:jikanwodaijini:20210602093943j:plain

ワイヤレスイヤホンとの比較

価格帯や無線は同じでヘッドホンとイヤホンの違いです。

 

WH-1000XM4の方が臨場感がありました。

ヘッドホンとイヤホンのドライバーの大きさや最適化の差が出ているのかなと思います。

空間の広さに差があり、特に後ろの距離感はMaster&Dynamic MW08は近く感じました。

 

Master&Dynamic MW08は音に厚みがあり広がる低音によって、360 Reality Audioの空間を感じとることができました。

 

 豊かな低音が魅力なワイヤレスイヤホンです。

デザインも上質でワイヤレスイヤホンの中でもかなりおすすめです。

www.es-times.com

 

まとめ

音楽の聴き方として新しい体験でした。

頭の中に360度の空間ができ演奏が行われています。

 

スマホとヘッドホンだけで簡単に再生して聴くことができるのもポイント!ですね。

この気軽さがないと「もういいやって」なりますから。

 

新しい何かをしてみることはちょっとしたことでも、「後でしよう」となかなか実行に移らないのものです。

 

今回、360 Reality Audioを体感してみて良かったなと思いました。

楽しかったです。

 

360 Reality Audioに対応したソニーのヘッドホンやイヤホンを所有されている方は、この機会にぜひ体験してみてください。

 

ソニーのヘッドホンWH-1000XM4は360 Reality Audio対応です。

優秀なノイズキャンセリングヘッドホンでどこでも使えます。

 

 

気ままなチェックポイント!

良かったところ

・ヘッドホンとスマートフォンのみで簡単に再生できる

・頭の中で音の移動が分かる

・立体感のある音をたのしめる

気になるところ

・日本の曲が少ない

・認定ヘッドホンの数が少ない

 

以上、「ソニーのヘッドホンを使って360 Reality Audioを体験してみました」でした。