エスさんの気ままなジカン

みんなの生活向上計画

ビジネスでも使える軽い薄いiPhoneのおすすめケース Frost Air

f:id:jikanwodaijini:20211018134157j:plain

ビジネスシーンのiPhoneケース選び

こんにちは、エスです。

 

 

ビジネスシーンにおいては目立つものは控えて、シンプルで使いやすさが優先されることは多いと思います。

スマートフォンのケースひとつとってもそうですね。

今回は、iPhone 12シリーズ対応のケースを紹介します。

 

  • 人に見られることが多く好感度の高いデザイン
  • 胸ポケットに入る軽量薄型
  • iPhone 12 miniにも対応

 

要望にお応えするおすすめケースが『Frost Air』です。

『Frost Air』はiPhone 12シリーズ各種販売されています。

 

薄さが自慢ですのでスーツはもちろんシャツの前ポケットにもスッと入ります。

どんな状況にも対応できるように、あなたにとってぴったりなiPhoneのケースです。

 

この記事は

薄くて軽いケースCASEFINITEの"Frost Air"を紹介します。

 

 

記事のポイント

  • 装着した画像
  • 操作性
  • 良いところ・気になるところ

 

iPhone 12 miniのFrost AirAmazon's Choice表示ありの評価が高い商品でした。

現在のiPhoneの対応は12シリーズのみです。

 

はじめにFrost Airを装着してみた感想を一言記載しました。

 

 

 

Frost Airを装着した感想

f:id:jikanwodaijini:20211018133913j:plain

Frost Airを装着したiPhone 12 Pro

Frost Airを装着してみて

 

シンプルな装着で外観の変化を最小限にしたい方にぴったり!

 

できるだけiPhoneのイメージを崩したくない方にはぴったりでした。

つまり問題なくビジネスシーンにおいてもおすすめできます。

 

これといったお気に入りのケースがない方でも、とりあえず『Frost Air』を選んでもいいかなと思います。

 

こちらはiPhone 12 min用です。

 

 

ただしデメリットもあります。

ケースがさらさらしていることです。

 

今回、1週間使用してみました。

良いポイント・気になるポイントがありましたのでチェックしていきましょう。

 

 

私が良いと言っても実際の装着感を見てみたいと思います。

画像を掲載しましたので一緒に確認していきましょう。

 

Frost Air装着感

パッケージ

f:id:jikanwodaijini:20211015213006j:plain

パッケージ

装着

f:id:jikanwodaijini:20211016074014j:plain

Frost Air装着しました

シンプルな形状なので装着していてもとにかく自然体です。

 

iPhoneにはガラスフィルムを貼っています。

ガラスフィルムより高さがあります。

 

iPhoneを裏返して置いても画面が接触することはありません

 

 

f:id:jikanwodaijini:20211016074206j:plain

電源ボタン

電源側です。

 

電源ボタンとケースの高さがほぼ同じです。

「ケースの高さが同じで操作性はどうなのかな?」と思いましたが、

操作性は良いです。

 

f:id:jikanwodaijini:20211016074310j:plain

音量ボタンとマナーモードのスイッチ

音量ボタンとマナーモードのスイッチです。

 

マナーモードのスイッチは音量ボタンに比べてほんの少しだけ長いので、触ると「かすかに出ているかな」といった感じです。

 

 

マナーモードの切り替えを何度かしてみました。

ケースとスイッチの隙間も確保されていて「やりにくいな」とは思いません。

映画館や授業・試験などでのとっさの切り替えも問題なし!

 

音量ボタンは電源ボタンと同じように押しやすく操作性は良いです。

 

 

f:id:jikanwodaijini:20211016074901j:plain

Lightning端子とスピーカー

Lightning端子とスピーカーです。

スピーカーの穴の位置はぴったりでした。

 

 

画像を見て分かっていただけるように、シンプルなiPhoneを求めている方には良いケースになりますね。

 

こちらはiPhone 12 Pro Max用です。

 

少しでも操作性が失われることは避けたいシーンも多いと思いますが、全く問題ありませんでした。

次に使ってみて良かったところを上げていきたいと思います。

 

Frost Airの良いところ

f:id:jikanwodaijini:20211018133814j:plain

りんごマークも光を当てれば透けて見える

使ってみて「これは良かった」と思えるところを紹介します。

上記で紹介した、操作性以外にも良かったところはありました。

 

汚れがつきにくい

素材によるものか汚れがつきにくいです。

1週間使用では汚れていないです。

ブラックを使用していますので、特に気づきにくさもあるかなと思います。

 

 

私は乾燥肌なので手にクリームを塗っていますが目立ちません

指紋などのケースへの付着は気にすることなく使用ができそうです。

クリームが大丈夫なら汗にも強そうですね!

 

 

汚れたiPhoneを人前に出すより、清潔感が保たれた方が印象は段違いに良いですから汚れが付着しにくいことは有用ですね。

 

汚れが目立たないiPhone 12 Proのケース『PITAKA MagEZ case』も紹介しています。

是非、合わせてご覧ください。

www.es-times.com

 

 

MagSafeが使える

Belkinの充電器を試してみました。

 

ケースなしの磁力より弱くなりますがピタッと保持されます。

f:id:jikanwodaijini:20211017205106j:plain

BelkinのMagSafe認証充電器

滑り落ちることはなく保持されています。

もちろんキチンと充電されます。

 

MagSafeの急速充電(15W)で充電しています。

 

CHECK!

<MagSafeの良さは時短>

iPhoneのQi対応のワイヤレス充電では、最大7.5Wの充電になります。

MagSafeでは15Wで充電されますので倍の充電量になり高速で充電されることになります。

 

 

このように仕事中の合間の「できるだけ充電しておきたい!」との場面でも、

MagSafeの利用価値は高いですね。

 

ちなみにLightningで充電すると約20W(20W以上の充電器必須)とさらに高速で充電されます。

 

iPhone 12シリーズの対応

iPhone 12シリーズは全て対応しています。

12と12 Proは共用のケースです。

12 Pro Maxと12 miniはそれぞれ用意されています。

 

カラーの対応

iPhone 12 / 12 Pro / 12 mini

  • スモークブラック
  • アイスホワイト
  • メタリックブルー

 

iPhone 12 Pro Max

  • スモークブラック
  • アイスホワイト

 

iPhone 12 / 12 Pro / 12 miniは3色です。

iPhone 12 Pro Maxは2色です。

 

iPhoneの色に合わせてケースの色を選びましょう。

 

 

汚れが付きにくい点は、気持ちよく使える上でも精神的に有効ですよね。

また、MagSafeが使えたことも大きいポイントになりそうです。

 

次に気になるところをあげていきます。

さらさらしているので乾燥肌の方には滑りやすい点に注意です。

 

Frost Airの気になるところ

使っていくうちに気になるところもありました。

気をつけて使用できるように気になったポイントを記載します。

 

さらさらのした質感

ケースの素材がポリプロピレンです。

目が細かいため、さらさらした質感のケースになります。

 

乾燥肌の私には、さらさらした質感が滑りやすく気になりました。

 

f:id:jikanwodaijini:20211018111131j:plain

ポリプロピレンの商品

素材がポリプロピレンの『無印のペンケース・ニトリの収納ボックスの蓋』と『Frost Air』の肌触りを比較してみました。

 

『無印のペンケース・ニトリの収納ボックスの蓋』では目が少し荒く凹凸を感じ滑りにくさがあります。

『Frost Air』は目が細かく凹凸を感じにくく滑りやすさを感じます。

 

無印のペンケースを使っている方も多くいると思いますが、「無印のペンケースは滑りやすいんだ」といったことを聞いたことがありませんね。

 

 

乾燥肌の方は、iPhoneを手に取る瞬間に滑って落とさないように注意が必要です。

 

すり傷はつきやすい

素材の特性上かんたんに傷が入ってしまいます。

傷がつくと修復はできません。

 

ぱっと見は目立ちませんので問題はないかなと思います。

 

光に当ててようやく気が付くと思います。

『Frost Air』を光に当てて確認してみましょう。

 

f:id:jikanwodaijini:20211018113529j:plain

すり傷がついている

光に当てるとすり傷がついていました。

 

一度爪を当てて傷をつけてみましたが簡単に線傷が入りました。

これは仕方がないので気にせずに使用しましょう。

 

 

さらさらした質感は逆に汚れを付きにくくする効果もあり、単純にマイナスをイメージすることはできませんね。

傷は使っていく上でどうしようもないことです。

どんなものでも傷は付きます。

 

それではまとめに入ります。

 

まとめ

iPhone 12シリーズ用の『Frost Air』を紹介しました。

薄く軽いシンプルなデザインは、ビジネスシーンでもさりげない存在で使い勝手が良さそうです。

胸ポケットにもスッと入りますね。

Frost Airを装着したiPhone一体感があり好感が持たれるでしょう。

 

MagSafe充電ができることもポイントが高いです。

ケース越しになります、磁力が弱まることには注意です。

 

こちらはiPhone 12 / 12 Pro用です。

 

気ままなチェックポイント!

良かったところ

・汚れが付きにくい

・MagSafe充電ができる

iPhone 12シリーズ対応

・ボタンの操作も良好

気になるところ

・さらさらしている

・すり傷は付きやすい

 

以上、「ビジネスでも使える軽い薄いiPhoneのおすすめケース Frost Air」でした。