エスさんの気ままなジカン

レビューでユーザーの皆さんの生活向上計画

ウォークマン 機種選び Android搭載 ZX500 A100 最新のウォークマンはどれほどいいのか!?

こんにちは、エスです。

 

みなさんは音楽を何で聴きますか?

 

スマートフォンDAP?それとも本格的なオーディオ機器でしょうか。

DAPとはデジタル・オーディオ・プレーヤーの頭文字です。

 

通勤通学のお供にウォークマンはいかがでしょうか?

 

スマートフォンで音楽を聞いている方も多数おられると思います。

ワイヤレスイヤホンだと音飛びがしたりして不満

人とは違う物を利用しているとカッコいいですよね。

 

DAPは各社から販売されていますが僕はウォークマンが好きです。

今回は、ウォークマンを聴き比べてみましたので紹介したいと思います。

f:id:jikanwodaijini:20200228163420j:plain

 

 

是非、購入の参考になさってください。

 

 

 

1.SONY ウォークマンとは

1979年に初代ウォークマンが発売されました。

当時はカセットテープ式でした。

その後は、CD・MD・メモリースティックなど形を変えて販売されました。

現在はフラッシュメモリー内蔵で販売されています。

 

僕が初めてウォークマンを手にしたのはMDウォークマンでした。

MDが全盛期でした。

CDをレンタルして好きな曲やアルバムをMDに録音して保存していましたね。

 

2.現行ウォークマンを比べてみる

2-1.現在販売されているウォークマン(DAP)

WMシリーズ
 NW-WM1Z/NW-WM1A


ZXシリーズ
 NW-ZX507


Aシリーズ
・容量違い 
 NW-A105/A106/A107
・イヤホン付属 
 NW-A105HN


Sシリーズ
・イヤホン付属 容量違い 
 NW-S313/S315
・イヤホン付属 スピーカー付属 容量違い 
 NW-S313K/S315K

 

2-2.ウォークマンの機能を比べる

一例を表にしてみました

f:id:jikanwodaijini:20200226184625p:plain

 

WMシリーズとZX300・507は4.4mmバランス接続対応です。

Android搭載のZX507・A105では接続端子がUSB Type-Cに変更になっています。

Android搭載機種ではストリーミング再生に対応しています。

SシリーズのみSDカード非対応です。

 

3.ウォークマン聴き比べ

それぞれのウォークマンとの聴き比べをしてみました。

音の感想は、イヤホンやその時の体調により変わると思いますので、こんな感じかな?程度に読んでください。

また、個人により感じ方は違いますのでご了承ください。 

 

WMシリーズ

全域においてクリアに感じます。

高音から低音までの解像度は高めです。

ボーカルも聞き取りやすく、気持ちよく音楽が聴けます。

 

ZXシリーズ

バランスよくなっているなと思いました。

中低音が程よく気持ちがいいです。

ノリがよく、楽しく音楽を聴くことができます。

 

Aシリーズ

中音域が聞き取りやすく感じます。

解像感もそれなりにあり、スマートフォンからのステップアップには丁度いいです。

個人的に高音はもうちょっと欲しいです。

 

Sシリーズ

スマートフォンと同程度の音でしょうか。

スピーカ付属モデルもありますので、オーディオ機器として使用できますね。 

 

音は個人差がありますので迷ったら試聴しましょう。

 

 

 

4.機種選び

音質のみで選べばWMシリーズです。

WMシリーズとZXシリーズでは差が大きいです。

解像度に違いがあります。

 

ストリーミング再生がしたいのでしたらAndroid搭載機種を選びます。

いい音で聴きたいのならバランス接続ができるZX507、コストを考えればA100シリーズです。

 

WMシリーズはウォークマンのフラッグシップです。

NW-WM1Zは高価ですが素材から選定されていますので、ソニーのこだわりを感じます。

NW-WM1Aは1Zから素材を変更して仕立ててます。

僕には値段なりの音の違いが分かりませんので、1Aで十分に良い音がなっていると思います。

 

ZXシリーズはバランス接続で良さが生きてきますので、出来ればケーブルも揃えて購入した方がいいです。

バランス接続ありきの機種だと思います。

カラーバリエーションはブラックとシルバーがあります。

 

AシリーズにヘッドホンのMDR-1AM2を接続してJポップを聴くと、これはこれで満足できるのでは無いかと思いました。

僕の好みですが素直にいいなと思いました。

カラーバリエーションは5色あります。

  

Sシリーズは、小型ですのでスマートフォンとの2台持ちに便利ですね。

語学学習機能やFMラジオチューナーがあるので、横に置いて専用機にしてもいいですね。

カラーバリエーションは5色あります。

 

ウォークマンシリーズの特徴

WMシリーズ

最高音質 / 4.4mmバランス接続 / 長時間再生

 

ZX500シリーズ

高音質 / 4.4mmバランス接続 / Android搭載 / ストリーミング再生

 

A100シリーズ

Android搭載 / ストリーミング再生

 

Sシリーズ

長時間再生 / 語学学習機能 / FMラジオチューナー

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

4.まとめ

ウォークマンで一番音がいいものは?と聞かれると、WMシリーズだと答えます。

今回のZX507もよくはなりましたが、まだ届いていないと感じました。 

 

ZX507とA100シリーズにはAndroidが搭載されました。

ストリーミングが主流になりつつあります?が、時流に乗った決断だと思います。

接続端子がUSB Type-Cになったのも嬉しいですね。

 

f:id:jikanwodaijini:20200226210650j:plain

 

WMシリーズが欲しいけど高いですね。

中古の選択も有りです。

 

僕は、イヤホンやヘッドホンなどは中古でも購入しています。 

 

ヘッドフォン祭を主催されていることで有名な「フジヤエービック」さんでも、多数の中古を扱っていますのでご参考ください。

 

【フジヤエービック】

  

新品ですとヤマダ電機さんのウェブサイト「ヤマダウェブコム」でも購入できます。

 

 以上、「ウォークマン 機種選び Android搭載 ZX500 A100の良さは? 最新のウォークマンはWMシリーズを超えたのか?」でした。