エスさんの気ままなジカン

みんなの生活向上計画

BluetoothコーデックでみるiPhoneのワイヤレスイヤホン選び

こんにちは!エスです。

 

今、iPhoneで音楽を聴く時に多くの方がワイヤレスイヤホンを使用していますね。

ワイヤレスイヤホンで音楽を聴く時に重要な要素の一つがBluetoothコーデックです。

 

f:id:jikanwodaijini:20210717215632j:plain

音質にはBluetoothコーデックが重要

 

ワイヤレスイヤホンを購入する時にBluetoothコーデックを意識していますか?

全てのスマートフォンに全てのコーデックが対応していたらコーデックを意識しないですむのですが、スマートフォンによって対応非対応があります。

 

あなたのiPhoneBluetoothコーデックは?

 

今回は、"iPhoneに対応したBluetoothコーデック"を紹介します。

 

また、iPhoneにおすすめなワイヤレスイヤホンを選んでみました。

ぜひ参考にしてください。 

 

 

iPhoneの対応Bluetoothコーデックは2つ

f:id:jikanwodaijini:20210717223936j:plain

iPhoneで高音質なBluetoothコーデックは?

iPhoneで高音質の音楽を楽しむには

BluetoothコーデックがAAC対応のワイヤレスイヤホンを選びましょう!

 

ワイヤレスイヤホンのスペックには必ず対応Bluetoothコーデックの記載があります。

 

iPhoneBluetoothコーデックは

2つコーデックに対応しています。

 

SBCとAACではAACの方が高音質です。

ワイヤレスイヤホンを購入する時にはAAC対応の確認をしましょう。

 

歴代iPhoneBluetoothバージョンを掲載しました。

Bluetoothバージョンによって音質の変化はあるのか?

www.es-times.com

 

Bluetoothコーデックとは

そもそもコーデックとは何か?

Bluetoothコーデックとは音声データを圧縮して変換を行う方式のことです。

 

Bluetoothは無線で双方の機器との通信を行なっています。

例えばiPhoneとワイヤレスイヤホンなどです。

 

CHECK!

<なぜ圧縮する必要があるの?>

音楽をワイヤレスイヤホンで再生する場合、iPhoneからBluetooth伝送でワイヤレスイヤホンにデータが送られて音楽を再生します。

この時に音楽データをそのままBluetoothで送信するには容量が大きすぎて対応できません。

では、どうするのか?

音楽データを圧縮し容量を小さくして送信しています。

 

例えるなら封筒にお手紙を入れて送るようなイメージです。

そのままのお手紙の大きさでは封筒に入りませんが、折ることにより入れることができます。

折って小さくした状態で封筒に入れて相手に届ける。このようなイメージです。

 

iPhoneはSBCとAACの2つの圧縮する方式に対応しているということになります。

 

iPhoneの遅延が少ないBluetoothコーデック

f:id:jikanwodaijini:20210717224626j:plain

SBCと比べAACは遅延も少ない

iPhoneのコーデックはSBCとAACに対応していることがわかりました。

今ではゲームや動画もiPhoneで楽しまれている方が多くいらっしゃいます。 

では、「SBCとAACはどちらが遅延が少ない?」という疑問が出ますよね。

 

遅延が少ないのはAACです。

 

ワイヤレスイヤホンの対応コーデックにAACがあればこちらを選びましょう。

 

iPhone対応のワイヤレスイヤホン探そう

AAC対応のワイヤレスイヤホン選び

iPhoneBluetoothコーデックはAACが高音質・低遅延ということがわかりました。

では、AACに対応しているワイヤレスイヤホンは多くあるのか?

という疑問が出てきます。

 

現在販売されているワイヤレスイヤホンの多くは対応しています。

私が今まで紹介してきましたワイヤレスイヤホンは全てAACに対応しています。

SBCのみの対応もありますので確認は必要です。

 

接続重視で考えるのであれば、Apple純正であるAirPods Proをおすすめします。

また、私が紹介してきたワイヤレスイヤホンは高音質でした。

自信を持っておすすめします。

 

音質特化のワイヤレスイヤホン選び

f:id:jikanwodaijini:20210717214855j:plain

WF-1000XM4は音質を高める機能がある

選ぶ基準は音質・装着感・見た目など、それぞれみなさんの好きなワイヤレスイヤホンを選べば間違いというものはありません。

 

ですので「好みのワイヤレスイヤホンでいいですよ」といっても、だからおすすめは?

となりますよね。

今回は音質に注目しました。

 

おすすめのワイヤレスイヤホンは

ソニー WF-1000XM4』です。

BluetoothコーデックのAACに対応しています。

 

音質といってもイヤホン自体の音質ではなく、アップスケーリング(音質向上の補完)に注目してみたいと思います。

ソニーのWF-1000XM4にはDSEE Extremeという機能があります。

 

CHECK!

<DSEE Extremeとは>

圧縮された音源(mp3など)の高音域をAI技術を用いて補完し、さらにサンプリング周波数とビットレートを本来の音源より高めてCD音源以上の高解像にすることです。

DSEE Extremeを利用することで、音質がクリアになりいい音で音楽を楽しめます。

 

DSEE Extremeは自動的に音質を良くする機能です。

2021年現在、アップスケーリングに対応したワイヤレスイヤホンはソニーだけです。

 

iPhoneでいい音で楽しみたい方は『ソニー WF-1000XM4』に注目です!

 

Bluetoothコーデックの種類

iPhoneAACだけでは今後の音質や遅延の対応に遅れをとっていきます。

Androidでは高音質や低遅延の最新Bluetoothコーデックを導入しています。

 

現在の主なBluetoothコーデックを一覧にしました。

 

Bluetoothコーデック一覧

f:id:jikanwodaijini:20210717182304p:plain

Bluetoothコーデック一覧

音質・遅延・特徴も記載しました。 

 

サンプリング周波数/量子化ビット数は数字が大きい方が高音質です。

遅延は数字が小さくなるほど遅延が少なくなります。

(最近は遅延とは言わずレイテンシと書かれていることが増えましたね。)

 

iPhoneで使用されているBluetoothコーデックのAACは遅延が大きいことがわかると思います。

また、音質面ではaptX HD・aptX Adptive・LDACと比べて音質が良いとは言えません。

 

まとめ

iPhoneBluetoothコーデックはSBC・AACに対応しています。

高音質・低遅延のAAC対応のワイヤレスイヤホンを選びましょう。

 

iPhoneではSBCを選ぶ意味はありません。

 

おすすめのイヤホンはDSEE Extreme対応の『ソニー WF-1000XM4」です。

 

iPhoneBluetoothコーデックがこのままではないと思います。

Apple Musicがハイレゾロスレスに対応したこともあり、より高音質な環境で音楽を楽しみたい方も増えています。

ハイレゾロスレスBluetoothでは最高音質のLDACでも非対応です)

 

今後のAppleBluetoothコーデックをどう対応させてくるのか注目です。

それによりBluetoothコーデックの勢力図も変化していくでしょう。

 

以上、「BluetoothコーデックでみるiPhoneのワイヤレスイヤホン選び」でした。