エスさんの気ままなジカン

あれは何?これはどう?をリアルな目線でレビュー

クリエイター・ゲーミング向け 4K有機ELノートPC GIGABYTE 「AERO」をレビュー

こんにちは、エスです。

 

近年、日本でもe-sportsが流行っていますね。

ゲームはゲーム機でされている方も多いと思いますが、パソコンでゲームされている方も増えてきています。

僕もゲーム機だけではなく、自作パソコンでゲームもしています。

 

www.es-times.com

 

パソコンでゲームがしたいけど、デスクトップパソコンでは置く場所がないからなぁ。

と、思われる方が多いと思います。

今はなんでもコンパクトなものに置き換わっていますしね。

 

最近では、ゲーミングデバイスを出されている各メーカーから、ゲーミング仕様に仕立てたノートパソコンが出されています。

一昔前までのゲーミングノートといえばゴツいノートパソコンでしたが、最近はスタイリッシュなデザインで出されています。

 

その中で、GIGABYTE AEROを紹介したいと思います。

ノートパソコンでゲームがしたい方や、プラスαでゲームがしたい方は参考にして見てください。

 

 

 

1.GIGABYTE AERO仕様

スペック

Windows 10 Pro

CPU Core i7 9750H

メモリ 16GB

グラフィック Geforce RTX2070 Max-Q

SSD 512GB

4K有機ELディスプレイ 15.6インチ

重量 2kg

日本語キーボード

Wi-Fi 6

Bluetooth 5.0

 

 

 

2.開封 

 2-1.外箱

f:id:jikanwodaijini:20200130083941j:plain

文字がオレンジで少しポップな感じです。

 

2-2.付属品

f:id:jikanwodaijini:20200130131341j:plain

 

充電アダプターは大きめです。

 

2-3.外観

表側

f:id:jikanwodaijini:20200130091823j:plain

 

起動中はAEROが光ります。

 

裏側

f:id:jikanwodaijini:20200130092231j:plain


冷却効果は高そうです。

 

右側

f:id:jikanwodaijini:20200130084048j:plain

 

HDMI 2.0

USB 3.1 typeC / DP 1.4

USB 3.1 typeA

3.5mmイヤホン / マイク ジャック

LANポート

 

左側

f:id:jikanwodaijini:20200130090432j:plain

 

DC-INジャック

SDカードスロット

Thunderbolt 3

USB 3.1 typeA

 

2-4.ディスプレイとキーボード

ディスプレイ

f:id:jikanwodaijini:20200130113126j:plain

 

狭額縁ディスプレイです。

4K有機ELを採用しています。

(映り込みがありますので暗めの写真を採用しています)

 

キーボード

f:id:jikanwodaijini:20200130114427j:plain

 

電源ボタンの上にはカメラがあります。

カバーがありますので閉じることもできます。

タッチパッドの左上には指紋認証があります。

 

3.使用感

3-1.仕様

USBの数やSDカード、HDMI等フルスペックになっています。

また、Thunderbolt3も装備されていますので拡張性も高いです。

左右にUSB typeAを分けて配置されている点もわかっているなと。

個人的に残念に思うのはPD充電が無い点です。

PDがあるないで使い勝手が大幅に変わってきますので。

 

3-2.ディスプレイ

狭額縁ディスプレイですのでスタイリッシュです。

4K有機ELディスプレイですので映像は映えますが、個人的にテレビほど有機ELを感じる感覚はありません。

4KはフルHDで気になっていた、文字のジャギーはなく滑らかです。

スマートフォンの文字がきれいなだけに、フルHDのパソコンでは気になっていました。

 

3-3.キーボード

キーボードはフルキーボード仕様です。

押し心地は良好ですが幅が少し狭いです。

テンキーレスにして全体的に余裕が欲しいですね。

 

電源ボタンの上にはフロントカメラが装備されています。

フタをスライドさせると物理的に隠せます。

Windows Helloに対応していません。

 

タッチパッドも良好です。

タッチパッドの左上に指紋センサーがあります。

Windows Helloに対応しています。

 

キーボードはソフトによりいろいろな光り方を設定できます。

f:id:jikanwodaijini:20200130124858p:plain


この辺りはゲーミングデバイスを出しているGIGABYTEらしさがありますね。

 

4.おわりに

GIGABYTEでは、主にAEROはクリエイター・ゲーム向け、AORUSはゲーミング向けに分けています。

AEROでもゲームは問題ありません。

 

ただしゲーム中はファンが全開ですので、音もそれなりにします。

ファンの設定はソフトにより変更ができます。

ネットサーフィン程度でしたら無音でできます。

たまにファンが一瞬作動することもありますが、、、

 

4K有機ELの画面の美しさや狭額縁ディスプレイの見た目の良さは、購入を検討する動機に十分入ると思います。

また、各スペックごとに段階的に分けて販売されていますので、自分にあったスペックのAEROを購入することができます。

 

f:id:jikanwodaijini:20200131010528j:plain

 

良かったところ

・4K有機ELディスプレイ

・豊富な端子類

指紋認証Windows Hello対応

Wi-Fi 6対応

 

気になったところ

・PD充電が欲しい

・キーボードはテンキーレスでもいいのではないかと

 

いかがでしたか。

写真加工や動画編集もできて、ゲームまで出来るノートパソコンです。

限度はありますが、コレ一台に集約したい方はオススメします。

 

以上、クリエイター・ゲーミング向け 4K有機ELノートPC GIGABYTE 「AERO」をレビューでした。

 

ベンチマークを実行しました。

www.es-times.com

 

参考にしてみてください。