エスさんの気ままなジカン

みんなの生活向上計画

クリエイター・ゲーミング向け 4K有機ELノートPC GIGABYTE 「AERO」をレビュー

こんにちは、エスです。

 

近年、日本でもe-sportsが流行っていますね。

ゲームはゲーム機でされている方も多いと思いますが、パソコンでゲームされている方も増えてきています。

僕もゲーム機だけではなく、自作パソコンでゲームもしています。

 

www.es-times.com

 

パソコンでゲームがしたいけど、デスクトップパソコンでは置く場所がないからなぁ。

と、思われる方が多いと思います。

今はなんでもコンパクトなものに置き換わっていますしね。

 

最近では、ゲーミングデバイスを出されている各メーカーから、ゲーミング仕様に仕立てたノートパソコンが出されています。

一昔前までのゲーミングノートといえばゴツいノートパソコンでしたが、最近はスタイリッシュなデザインで出されています。

 

その中で、GIGABYTE AEROを紹介したいと思います。

ノートパソコンでゲームがしたい方や、プラスαでゲームがしたい方は参考にして見てください。

 

SSDの追加やベンチマークを測定しました。

 

www.es-times.com

 

 

 

 

1.GIGABYTE AERO仕様

スペック

Windows 10 Pro

CPU Core i7 9750H

メモリ 16GB

グラフィック Geforce RTX2070 Max-Q

SSD 512GB

4K有機ELディスプレイ 15.6インチ

重量 2kg

日本語キーボード

Wi-Fi 6

Bluetooth 5.0

 

 

 

2.開封 

 2-1.外箱

f:id:jikanwodaijini:20200130083941j:plain

文字がオレンジで少しポップな感じです。

 

2-2.付属品

f:id:jikanwodaijini:20200130131341j:plain

 

充電アダプターは大きめです。

 

2-3.外観

表側

f:id:jikanwodaijini:20200130091823j:plain

 

起動中はAEROが光ります。

 

裏側

f:id:jikanwodaijini:20200130092231j:plain


冷却効果は高そうです。

 

右側

f:id:jikanwodaijini:20200130084048j:plain

 

HDMI 2.0

USB 3.1 typeC / DP 1.4

USB 3.1 typeA

3.5mmイヤホン / マイク ジャック

LANポート

 

左側

f:id:jikanwodaijini:20200130090432j:plain

 

DC-INジャック

SDカードスロット

Thunderbolt 3

USB 3.1 typeA

 

2-4.ディスプレイとキーボード

ディスプレイ

f:id:jikanwodaijini:20200130113126j:plain

 

狭額縁ディスプレイです。

4K有機ELを採用しています。

(映り込みがありますので暗めの写真を採用しています)

 

キーボード

f:id:jikanwodaijini:20200130114427j:plain

 

電源ボタンの上にはカメラがあります。

カバーがありますので閉じることもできます。

タッチパッドの左上には指紋認証があります。

 

3.使用感

3-1.仕様

USBの数やSDカード、HDMI等フルスペックになっています。

また、Thunderbolt3も装備されていますので拡張性も高いです。

左右にUSB typeAを分けて配置されている点もわかっているなと。

個人的に残念に思うのはPD充電が無い点です。

PDがあるないで使い勝手が大幅に変わってきますので。

 

3-2.ディスプレイ

狭額縁ディスプレイですのでスタイリッシュです。

4K有機ELディスプレイですので映像は映えますが、個人的にテレビほど有機ELを感じる感覚はありません。

4KはフルHDで気になっていた、文字のジャギーはなく滑らかです。

スマートフォンの文字がきれいなだけに、フルHDのパソコンでは気になっていました。

 

3-3.キーボード

キーボードはフルキーボード仕様です。

押し心地は良好ですが幅が少し狭いです。

テンキーレスにして全体的に余裕が欲しいですね。

 

電源ボタンの上にはフロントカメラが装備されています。

フタをスライドさせると物理的に隠せます。

Windows Helloに対応していません。

 

タッチパッドも良好です。

タッチパッドの左上に指紋センサーがあります。

Windows Helloに対応しています。

 

キーボードはソフトによりいろいろな光り方を設定できます。

f:id:jikanwodaijini:20200130124858p:plain


この辺りはゲーミングデバイスを出しているGIGABYTEらしさがありますね。

 

4.おわりに

GIGABYTEでは、主にAEROはクリエイター・ゲーム向け、AORUSはゲーミング向けに分けています。

AEROでもゲームは問題ありません。

 

ただしゲーム中はファンが全開ですので、音もそれなりにします。

ファンの設定はソフトにより変更ができます。

ネットサーフィン程度でしたら無音でできます。

たまにファンが一瞬作動することもありますが、、、

 

4K有機ELの画面の美しさや狭額縁ディスプレイの見た目の良さは、購入を検討する動機に十分入ると思います。

また、各スペックごとに段階的に分けて販売されていますので、自分にあったスペックのAEROを購入することができます。

 

f:id:jikanwodaijini:20200131010528j:plain

 

気ままなチェックポイント!

良かったところ

・4K有機ELディスプレイ

・豊富な端子類

指紋認証Windows Hello対応

Wi-Fi 6対応

気になったところ

・PD充電が欲しい

・キーボードはテンキーレスでもいいのではないかと

 

いかがでしたか。

写真加工や動画編集もできて、ゲームまで出来るノートパソコンです。

限度はありますが、コレ一台に集約したい方はオススメします。

 

以上、「クリエイター・ゲーミング向け 4K有機ELノートPC GIGABYTE 「AERO」をレビュー」でした。

 

ベンチマークを実行しました。

www.es-times.com

 

参考にしてみてください。

 

 

2020年 自作パソコンを作る 裏配線とベンチマークを考える i9 9900K RTX2070 Super

こんにちは、エスです。

前回、前々回と紹介してきました自作パソコンを作るです。

今回は少し気になる裏配線とベンチマークを紹介したいと思います。

 

www.es-times.com

 

 

組み込んだパーツはコチラです。

主なパーツ

CPU - Intel Core i9 9900k

CPUクーラー - NZXT KRAKEN X72

マザーボードGIGABYTE DESIGNARE

メモリ - CORSAIR VENGEANCE RGB PRO

グラフィックボード - GIGABYTE GeForce RTX 2070 SUPER GAMING OC WHITE 8G

SSDSamsung EVO 970 Plus

電源 - ENERMAX MaxTytan

ケース - CORSAIR Carbide Series 678C

 

f:id:jikanwodaijini:20200127212814j:plain

 

 裏配線はどのように配線するのか悩みどころだと思います。

 自作されている皆さんはどうしていますか?

 

CORSAIR Carbide Series 678Cの裏側、裏配線をお見せしようと思います。

きれいではないのですが、表側のいいところばかりでは参考にならないかと思いますので。

 

 

 

 

またベンチマークを出してみましたので参考にして下さい。 

オーバークロックはしていません。 

 

 

 

CORSAIR Carbide Series 678C裏側

僕のパソコンの裏配線はこのようになっています。

CPU下のトレイはSSDを設置することができます。

f:id:jikanwodaijini:20200127161228j:plain

 

中心はどうやっても配線の数が多くなります。

また電源本体からの配線はどうすればいいのか?

延長ケーブルを使用していることもあり、余計に配線が大変なことになりました。

SATA接続のSSDやHDDがないだけまだマシか、、、 

 

まとめることもセンスです?

何度もやり直して組まないと、なかなか上手にはいかないものですね。

あーだ、こーだ配線するのも楽しいのですけどね。 

 

 

ベンチマークを測定してみる

自作パソコンは完成したらベンチマークを測定してみることも楽しみの一つですね。

 

 

コチラのベンチマークを測定しました。

結果はどのようになったのか。

ではどうぞ!

 

CINEENCH Release 20

CPU:4767

 

Geekbench 5.1.0

Single Core:1338

Multi Core:9184

OpenCL:96972

 
3DMark - Time Spy

スコア:10123

グラフィックスのスコア:9935

CPUのスコア:11346

 

FINAL FANTASY 14

最高品質 1920×1080

スコア:18955

評価:非常に快適

 

FINAL FANTASY 15

高品質 1920×1080 ウインドウ

スコア:9725

評価:とても快適

  

まとめ

今回は裏側をピックアップしました。

このケースは裏配線にも気を遣われていて穴が多いですね。

ケースも大きめですので配線もしやすかったです。

逆に今はコンパクトなケースも多数販売されています。

小さいケースでも自作パソコンを作成して見たいですね。

 

ベンチマークのスコアはこんなものかな。

あくまで参考ですね。

 

気ままなチェックポイント!

・CORSAIR Carbide Series 678Cは配線しやすいケース

・自作パソコンは楽しんで作ること

・コンパクトなパソコンを自作したくなってしまった

 

以上、自作パソコンの裏配線とベンチマークでした。

よろしければ、みなさんの自作パソコンも紹介してくださいね。

2020年 自作パソコンを作る 完成を考える

こんにちは、エスです。 

前回、前々回とパーツを紹介してきました。 

 

www.es-times.com

 

www.es-times.com

  

今回はそれぞれのパーツを組み上げて完成させます。

電源とCPUクーラーは、前に使用していたものを移植します。

SSDは新たに購入しました。

 

説明は基本的に用意したパーツに準じたものなります。

他のパーツやメーカーでは、取り付け方法が異なることもあります。 

 

パーツの取り付け方に正解はありません。

ですが、ファンの取り付けには空気の流れを考える必要はあります。

「外から冷たい空気を吸って、暑くなった中の空気を外に出す」ことを考えます。

僕の取り付け方は参考程度に思ってくださいね。 

 

 

今回作ります自作テーマは、「ホワイトで作る自作パソコン」です。

どのようになるのか楽しみにしていてください!

 

 

  

1.ケースにマザーボードを取り付ける

1-1.ケースに取り付け

GIGABYTE DESIGNARE

DESIGNAREは、バックパネルが一体型のため、ケースに置いてネジを締めるだけです。

バックパネルが別にあるマザーボードは必ず先に取り付けましょう。

 

f:id:jikanwodaijini:20200125153342j:plain

 

1-2.ケースの配線

CORSAIR Carbide Series 678C

ケースから出ている、電源スイッチ、リセットスイッチ、各LEDランプの配線をまとめておきましょう。

この配線はグラフィックボードの取り付け前に配線します。

マザーボードによってコネクタが付属されています。

GIGABYTE DESIGNAREには付属されていました。

先にコネクタへ配線してもいいかと思います。

USBやフロントオーディオ端子の配線は完成前で大丈夫です。

 

2.マザーボードにパーツを取り付け

2-1.CPUを取り付ける

CORE i9 9900K

切り欠きを合わせて取り付けます。

CPUの取り付けは慎重にしましょう。

 

f:id:jikanwodaijini:20200125150157j:plain


 

2-2.メモリを取り付ける

CORSAIR VENGEANCE RGB PRO

基本的にですがCPUから一番遠い端(右端)と、一つ飛ばしたところ(右から3番目)に取り付けます。

デュアルチャンネルの起動には取り付け場所が決まっています。

ロックが掛かるまできちんと取り付けましょう。

 

f:id:jikanwodaijini:20200125150327j:plain

 

2-3.SSDを取り付ける

Samsung EVO 970 Plus

マザーボードSSD固定用のマウントネジが付属しています。

忘れないように取り付けましょう。

ヒートシンク側にはシリコンパッドが付いていますので、ビニールを剥がしてから取り付けます。 

 

2-4.グラフィックボードを取り付ける

GeForce RTX 2070 SUPER GAMING OC WHITE 8G

ケースのブラケットを外し取り付けます。

ロックが掛かるまでキチンと取り付けましょう。

 

f:id:jikanwodaijini:20200125150330j:plain



3.電源とCPUクーラーの取り付け

3-1.ケースに電源本体を取り付ける

ENERMAX MaxTytan

このケースは電源取り付けブラケットは無く直接取り付けます。

向きに正解はありません。

このケースでは上向(上がファン)しか取り付けられませんでした。

 

3-2.電源ケーブルを配線する

フルプラグインの電源でしたら、ケースに電源本体を取り付ける前に、24pin電源・グラフィックボード補助電源・CPU補助電源は挿しておいたほうがいいです。

後で手探りで挿すのは大変です。

 

配線は挿せるところにしか挿せません。

無理やり挿さないように気を付けましょう。

CPUの補助電源を忘れずに。

 

f:id:jikanwodaijini:20200125164620j:plain

 

3-3.CPUクーラーを取り付ける

NZXT KRAKEN X72

今回は簡易水冷のクーラーを取り付けます。

グリスの塗りすぎに注意する。

まんべんなく塗ることが難しいのであれば、CPUの中心に米粒サイズのグリスを出して、CPUクーラーで圧着させる方法もあります。

ラジエーターを「フロントに取り付けるのか」、「ケース上部に取り付けるのか」どちらかの選択はありますが、今回は上部に取り付けました。

 

 

4.追加・交換したパーツ

ファン

NZXT AER RGB

ファンは全てNZXTの光るファンに交換しました。

フロント×2とリア×1のファンは、14mmのファンにしました。

簡易水冷のファンは12mmのファンです。

 

ファンコントローラー

NZXT HUE 2 RGB Lightning Kit

ファンを光らせるためにコチラが必要となります。

 

f:id:jikanwodaijini:20200125145505j:plain

 

内蔵USBハブ

NZXT INTERNAL USB HUB

コチラのマザーボードUSB2.0が一箇所しかなく、簡易水冷とファンコントローラーを使用するのに端子の数が足りません。

NZXT PC内蔵のUSBハブを使用して接続しました。

 

延長ケーブル

Novonest 電源専用 500MM延長スリーブモジュラーケーブルセット

コチラは不要ですが色のコンセプトを考えて取り付けています。

 

GPUブレースサポート

GLOTRENDS グラフィックスカード GPU ブレースサポート

グラフィックボードを支える柱です。

 

これらのパーツを組み合わせて作りました。

 

f:id:jikanwodaijini:20200125145313j:plain

ここからフロントのファンを交換しました。 

 

 

5.まとめ

完成しました!

見て下さい。
 

f:id:jikanwodaijini:20200125165606j:plain

ガラス越しなので鮮やかさが伝わりづらいですね。

 

f:id:jikanwodaijini:20200125145035j:plain
f:id:jikanwodaijini:20200125145030j:plain

 

どうでしょうか?カッコいいですよね。

僕は満足しています。

 

完成を考えて想像しながらパーツを購入して作るのは楽しいです。

自分で作った自作パソコンはカッコよくとても満足いくものになると思います。

 

気ままなチェックポイント!

・静電気には気をつけること

・CPUの取り付けは、切り欠きに合わせること

・メモリやグラフィックボードの取り付けは、ロックが掛かるまで差し込むこと

・ファンは取り付け方向を考えること

・CPUの補助電源を忘れないこと

・CPUグリスは塗りすぎないこと

 

注意点に気をつけつつ、一つ一つ確実に取り付けていくだけですので難しいことはありません。

 

「初めてなので、、、」とか「時間がない」けどメーカー製のパソコンではゲームが出来ないしなぁ、と思われた方はBTOという手もあります。

ショップさんで用意されたパーツを選んで組み立てていただく方法です。

コチラですと完成品が届きます。

ツクモさんやドスパラさんでも用意されていますので覗いてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

自作を初めての方は何から手をつけていいのかわからないと思います。

まずは何をしたいのか?から考えていけばいいと思います。

 

ゲームがしたい!となれば、どんなゲームをしたいのか。

ホームページ行けば必要なスペックが書かれていますので、そこから始めて行けばいいと思います。

 

皆さんもぜひ興味が出ましたら、是非チャレンジしてみてはどうでしょうか。

以上、「2020年 自作パソコンを作る 完成を考える」でした。

 

 

2020年 自作パソコンを作る マザーボード ケース CPU メモリ を考える

こんにちは、エスです。

 

前回、前々回とグラフィックボードを紹介しました。

 

 

www.es-times.com

 

 

今回作ります自作テーマは、「ホワイトで作る自作パソコン」です。

ホワイト基調のパーツを揃えていきます。

白いパソコンを自作したい!とか、白いパソコンってどんなものか?とか気になっている方は参考にしてみてください。

 

完成まで楽しみにしてくださいね! 

 

 

 

1.マザーボードを考える

1-1.CPUをIntelAMDどちらにするのか?

CPUに合わせてマザーボードを選びます。

IntelAMDからCPUが出されています。

それぞれのCPUにあったマザーボードを調べてみました。

そんな時に見つけたのが、GIGABYTE DESIGNAREでした。

見た目がカッコよく、好みのデザインでしたので購入しました。 

チップセットがZ390ですのでIntelのCPUになります。

 

1-2.GIGABYTE DESIGNARE

f:id:jikanwodaijini:20200122162501j:plain
f:id:jikanwodaijini:20200122162526j:plain



本体と付属品です。

本体のシルバーがクールですね。

シルバーなので取り付けるとホワイトに見えなくもない?

 

f:id:jikanwodaijini:20200122162826j:plain


ケース写ってますが、、、

こちらThunderbolt端子ついています。

Wi-Fi/Bluetoothも装備されています。


2.ケースを考える

2-1.ホワイトのケース

ブラックのケースが多いのですが各社ホワイトも出しています。

有名なところで、NZXT、IN WIN、Fractal Designなどあります。

ですが探せばいろいろあるもので、CORSAIR CARBIDE SERIES 678Cにしました。

 

 

2-2.CARBIDE SERIES 678C

f:id:jikanwodaijini:20200122164531j:plain
f:id:jikanwodaijini:20200122164535j:plain

 

ホワイトとブラックのラインがかっこいいです。

片側が強化ガラスになっています。

静音性にも気をつかっているみたいです。

 

f:id:jikanwodaijini:20200122164538j:plain

 

ケース内部です。

HDD部分を取り外すと相当広そうです。

 

3.CPUを考える

3-1.CORE i9CORE i7

ゲームのみでしたらi7の方がベンチマークはいいみたいですね。

ですが、動画編集もしたいのでCORE i9 9900Kにしました。

 

3-2.CORE i9 990K

f:id:jikanwodaijini:20200122170405j:plain
f:id:jikanwodaijini:20200122170409j:plain

 

ケースのこだわりがスゴイ。

K付きのモデルですのでオーバークロックも可能です。

 

f:id:jikanwodaijini:20200122170402j:plain

 

カバーも付いていました。

 

4.メモリを考える

4-1.ホワイトで光るメモリ

メーカーごとにヒートスプレッダを装着させて特色を出しています。

メモリは、CORSAIRかG.SKILLの光るメモリを考えていました。

CORSAIRはGIGABYTEのRGBに対応しています。

RGBを同期させてみたいので、CORSAIR VENGEANCE RGB PROを購入しました。

 

 

4-2.CORSAIR VENGEANCE RGB PRO

f:id:jikanwodaijini:20200123084841j:plain

 

32GBを購入しました。

XMPを設定すると3200MHzで駆動します。

 

f:id:jikanwodaijini:20200123084844j:plain

 

ヒートスプレッダが金属製でかっちりとしています。

少し大きいので存在感があります。

 

5.まとめ

今回は4種のパーツを紹介しました。

マザーボード - GIGABYTE DESIGNARE

・ケース - CORSAIR CARBIDE SERIES 678C

・CPU - CORE i9 9900K

・メモリ - CORSAIR VENGEANCE RGB PRO

 

好みのものを探すとなると大変です。

ケースは現物を見てみたいですね。

 

 

あとは電源とCPUクーラーとSSDですね。

こちらは前に使用していたものを移植します。

 

次回は組み立てていきます。

どのようになるのか楽しみにしててください。

 

自作パソコンのことならコチラ